LEGON鶴見辰吾 Shingo.Tsurumi ブログ 自転車名人
きっかけは自転車。 そこから世界が広がります。

« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月 アーカイブ


2012.7. 2
7/27タメさんとゴッさんのライブ

またまたやっちゃうのね。そうなんです。

 

 

 



2012.7.17
ドマーネ発進

先月の熊本しゃりんかんのイベントが大雨で延期になってしまったため、出走できなかったドマーネRock'n Roll!!

     

        

 

120kmほど走ってきた。

 

目を引くのはプロジェクトワンの新しいピンク、Radioactive Pink。

直訳すると放射能ピンクとなるね。

名前はともあれ、これまで乗ってきた、Serious  Pink、Panther Pinkより格段に発色のいいピンクだ。

    

   ↑Serious Pink                                                   ↑Panther Pink 

         

   ↑Panther Pink                                                 ↑Radioactive Pink               

 

 すでに乗った人の意見は、『サスペンションがあるみたいで、ついつい段差のあるところをわざと走ってしまう」とのことで、どんな乗り味かわくわくしながら、走り出した。

 

おお、確かに滑らかな乗り心地で、まるでラバーコートされた路面を走っている感じだ。

と、思ったが、それは標準で履いてる25cのせいかな、

太めで握りやすいハンドルのせいかな?と、いろいろ考えてしまう。

 

ヘッドはマドンと違って、H2しか設定がないので、かなりアップライト。

コラムをズバッと詰めたけど、位置が高い。

下ハンをもつ方が、俺には落ち着くポジションになる。

 

やっぱりマドンに比べると、ソフトながらに安定感はあるけど鈍重な感じかな。

と思いつつ、車の流れに乗るべく踏み込んだら、軽く50km/h以上に達して維持できる。

これは、TREK特有の徹底した剛性のBBが成せる技だ。

おもしろい自転車だな。

間口が広い。

車で言うとポルシェカイエンって感じだ。

 

ロード始めようって人が、いきなりこれいっちゃってもいいし、結構乗り込んだベテランが乗ってもいいパフォーマンスをするだろう。

 

実際、友達に勧めたら、気に入って買っちゃった。 

 

ドマーネ兄弟で梅雨明けの空の下を気持ちよく走った。

   

 

ウチの奥さんにも1台買うことにした。頼むから乗ってちょうだいね。