LEGON鶴見辰吾 Shingo.Tsurumi ブログ 自転車名人
きっかけは自転車。 そこから世界が広がります。

« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月 アーカイブ


2010.3. 9
誤差

 修理に出していたPOLARが戻ってきた。

 

今までの設定は全て初期化されてしまったので、また新たに自己データを入れる。

 

身長、体重、生年月日、VoMax、タイヤ周長…

 

タイヤ周長といえば、あることを思いついた。

 

いつも同じ地点から出発して同じ地点に帰って来ても、私の走行距離は他の人よりどうも短い。

 

これは、POLARの走り出してからの反応が遅いせいだとばかり思っていた。

 

だから、信号の多いコースでは、ストップアンドゴーが重なって、更に差が出る。

 

しかし、その考えは全く違っていたようだ。

 

今まで、面倒くさがって、説明書のとおりのタイヤ周長をそのままサイコンにインプットしていた。

 

POLARでは、700×23Cは2070。

 

今日、実際にマドンのタイヤを測ったみた。

 

まず自転車を、乗らずに押し、タイヤを地面に真っ直ぐ一周分進ませて、長さを測る。

 

2114mm

 

次に乗ってタイヤ一周分を実測すると、

 

2108mm

 

これが正確なタイヤ周長だったのだ。

 

ざっと計算して、今まで100km走ったつもりが実際は101.83kmということになる。

 

10000kmなら、183kmも多く走っていたのだ。

 

あああ、もっと早くやっておけばよかった。

 

まるで知らず知らず利子を多く払わされていた感じだ。

 

ちなみにCATEYEの説明書にある700×23Cは2096

 

これでは、同じ道のり走っても差が出るのは当然。

 

こんな些細な発見でも、1パフォーマンスが1.8%上がったような気がして嬉しい。

 

さあ、今年度のLEGON CUPもいよいよ今月でラスト。

 

来年度からのチャレンジに向けて、がんばるぞ。

 

 



2010.3.11
春の発見

 今日みたいに美しい天気の日に自転車で走れる時間があるのは、本当に幸せだ。

 

 

「今日は空が高い」とか、「富士山が近くに見える」とか、そんな日だ。

 

鎌倉に寄ったら、鶴岡八幡宮の大銀杏倒れていると聞いた。

 

ええ?あの源実朝を暗殺した公暁が隠れていたといわれるあの木?

 

千年の大木が倒れてる。

 

それに群がる人々。

 

その一方で、一足お先に咲いてる桜があった。

 

これだけおもしろいできごとと引き換えに花粉症のくしゃみが襲う。

 

 



2010.3.16
油断したツケ

 冬の間、仕事が忙しいのにかまけて、すっかり練習を休む癖が付いてしまった。

 

 ここに来て、帳尻を合わせようと必死になっている。

 

 気合を入れ直すには、レースに出るのが1番。

 

昨日、来週のJCRC修善寺に出るため、サイクルスポーツセンターを試走した。

 

「自転車の国」、サイクルスポーツセンター。

 

初めて訪れた。

 

なんだか寂れちゃった感じで、人も少ない。

   

   ↑奇妙な自転車オブジェが迎える

  

一周5kmのサーキットを走り出す。

  

周回コースだから、半分は上りなのは当然だけど、下りがあっという間に終わる分、ほとんど上ってる感じだ。

 

1周で150mも上ってるから、10周なら約1500mの獲得標高。 

 

こりゃ、きついぞ。

 

こんなコース走りきれるのか?

 

自信が揺らぐのは練習不足のせいだ。

 

調子を戻そうと、今日も3本ローラーで50km走った。

 

心拍180までもがき、転んだ。

 

ローラー台の枠に強か右腕を打ちつけ、腰から落ちた。

 

見事な落車といっていい。

 

油断したツケだ。

 

奥さんが心配して見に来た。

 

自分は何より先に自転車が壊れていないかチェックしてる。

 

なんという自転車乗りの性なのか…

 

ここ2年くらい落車してなかったから、そろそろあるだろうなと思っていたら、自宅で落車だ。

 

思えば、前は京都の嵐電の線路にはまっての落車。

 

路面電車は江ノ電で慣れている気でいたのが間違いだった。

 

江ノ電の小動から片瀬方面の線路は単線で、つまりレールは2本だが、嵐電は複線でレールは4本。

 

2本またいで終わった気になって、まんまと3本目にはまって落車したのだった。

 

前回も今回も大した怪我をせずに済んで助かった。

 

油断大敵だ。

 

気をつけよう。

 

 

 

 

 

 

 

 



2010.3.25
惨敗DNF

21日の修善寺CSC

 

    

    ↑どこか逃げ腰で弱気な感じが漂う

 

とても時間内に10周走る力はなかった。

 

ペースの遅い1周目は何とか付いていったものの、ペースを上げた2週目は、橋を渡ってからの登りで見る見るうちに集団から離れ、秀峰亭の手前では単独になっていた。

 

何がなんでも喰らい付いていく気迫もなく、そのまま計測ラインを越えることなく敗退した。

 

同じレースに出た選手の皆様、こんな腑抜けた状態でレースに出て申し訳ありませんでした。

 

一から出直します。

 

それに引き換え右京さんは見事だった。

 

以前と同様の元気な右京さんの笑顔に、こっちが励まされてしまった感じだ。 

 

 

さあ、今から巻き返していくには気合の入れなおしだ!

 

辛いことを避け、苦手なことから逃げていたら、強くなるわけがない。

 

登りだ。

 

俺は登りが本当にダメだ。

 

ダメだから、やりたがらない。

 

やらないから、調子が出ない。

 

調子が出ないから、やりたくない。

 

悪いスパイラルに陥っている。

 

こんなことでやられてたまるか!

 

登ってくぞ!!

 

 



2010.3.30
済州島一周菜の花ロングライド

 初めての韓国訪問の地は、済州島になった。

 

飛行機に乗っている時間より、成田に行く時間の方がよほど長い。

 

ご近所の国でロングライドなのだが、右側通行だし、言葉は分からないし、いろいろ不安もある。

 

それでも、初めて見る景色の中を走る楽しさが断然優った。

 

   

折り返しのASで出た食べきれないほどのランチ。

    ←これで一人前 

その場で作る焼きたてのチヂミは、まわりがサクっと中もっちり。

 

食べ放題。

 

コースには世界自然遺産も入っている。

  

    

  ↑城山日出峰。これを歩いて登ってみたい。           ↑LEGONの仲間と

 

180kmコースは、食べた分しっかり消費させるといわんばかりに、後半容赦ない逆風が20km以上続く。

 

修行だった・・・

 

 

ゴール地点からホテルまでの30kmの自走を合わせて210kmを走りきれば、完走した仲間との焼肉パーティーは、至福の時間だ。

    

 

しっかり食べたらまた走る。

 

翌日は、韓国で一番高い漢拏山の麓を目指す。

 

↑前を走るラテさん

 

「神秘道路」と呼ばれる、逆向きに転がる坂で遊ぶ。

 

  ↑これで下り坂

 

 走ったら、また食べる。

    

美味しく食べられることが、何よりの幸せと、ついつい思ってしまうのだった。