LEGON鶴見辰吾 Shingo.Tsurumi ブログ 自転車名人
きっかけは自転車。 そこから世界が広がります。
2009.6.23
幸也ならいける

一時帰国しているブイグの新城幸也選手と会った。

 

ツール・ド・フランス初日の7月4日まで二週間。

 

彼は闘志に満ち満ちている。

 

ツールという大舞台で走れることを心の底から楽しみたいようだ。

 

楽しむというのは、レースなんだから勝つということを意味している。

 

幸也君の頭の中には、シャンゼリゼを走っていない自分はイメージにない。

 

ステージ優勝もきっとあると私は感じた。

 

「スプリントではなく、逃げで狙う」

 

そう言い切った。

 

時差ぼけもなく、体の調子は良いそうだ。

 

今はとにかく練習して、7月4日に脚と心臓のピークを合わせたいらしい。

 

普段の優しい感じから、幸也君にあるどの部分が、過酷なレースを戦い抜くのだろうと不思議に思うこともあった。

 

しかし、今回半年振りに会って感じた。

 

レースの話になると、愛くるしい笑顔から一瞬にして鋭い肉食獣の目つきに変わる。

 

この部分だ。これが世界で戦っていく強いところなんだ。

 

今年のツールは、おもしろいことになる。

 

幸也、君ならいける。




トラックバックURL : http://www.legon.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/253