ウエツキめりぃの むぃむぃアタック!LEGON
いらっしゃいませ!! イラストレーターのウエツキチエコ です。
ゆる~い感じの自転車コラムを書いていこうと思っていますので、よろしくお願いします♪
自転車紳士録では、ウエツキめりぃ というニックネームで、登録しています。

« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月 アーカイブ


2009.8. 5
新アイテム『サイクルスカート』完成!

予てから、NASU FAN CLUBチームの女性から要望の多かったチームジャージ用のサイクルスカート
NASU FAN CLUBのチームウェアは、昔からお付き合いのあるサイクルウェアオーダー専門SHOP『WAVE ONE(ウエイブワン)』さんに作ってもらっています。
 
これまで、ウエイブワンさんとは、新しいアイテムを相談して一緒に作ったりと本当にお世話になっています。
きっと、うちのチームってデザインや形にこだわりが多く、無理難題ばかり…色々とご迷惑をおかけしてしまってるかも^^;
 
そして、今回も新アイテム『サイクルスカート』の開発をお願いしてしまいました(^^ゞ
アイテムの第1作目となるので、どんな生地がいいのか、形はどんな感じがいいのか。。。
良いモノを作るために何度もメールで打合せしました。
 
そして、数ヶ月の開発期間の末、ウエイブワンさんオリジナルのサイクルスカートが完成したんです♪
 
と、同時にNASU FAN CLUBのオリジナルデザインのスカートも完成!!
チームメイトのショウゴくんが女の子の気持ちになってデザインを考えてくれてジャージとマッチするような素敵なアイテムに仕上がりました。
 
NASU FAN CLUB サイクルスカート
 
7月末より、『WAVE ONE(ウエイブワン)』のサイトにて新アイテムとして登場!
なんと、そのアイテム説明が、NASU FAN CLUBのデザインにて紹介されているんですっっっ
 
先日、ウエイブワンの中田社長から
「ジャージとスカート上下を着用した写真を送っていただけませんか?」
と、言われたので、撮影。
イメージが分かればいっか…と思い、風呂上り、夜中にノーメイク状態で、、、。
 
しかぁ~し!
その写真は、サイトにでっかく掲載されることになったんです!!!
え~?!私がモデルでいいんですかっっっΣ(~∀~||;)
 
WAVE ONE(ウエイブワン)
 
あ~。。。お化粧くらいしておけばよかった。。。(x_x;)
ウエイブワンさん、ごめんなさい。。。
 
でも、チームジャージをこんなに大きく紹介してくださって、感謝!
ありがとうございます!!
 
ちなみに、今回のこだわり部分はこちら。。。
巻きスカートのフラップで隠れる部分に『なすレーサー』のシルエットをプリントしてもらったとこかな?
 
NASU FAN CLUB サイクルスカート
 
チラッとめくれた時に、このチームマスコットの『なすレーサー』が「コンニチハ」するんですよ~。
『なすチラリズム』ですね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
 
最近、各自転車チームにも女性が多くなりました。
女性だけのこだわりのサイクルスカートを作ってみてはどうですか?
 
せっかくなので、この新アイテムのご紹介を。。。
以下は、ウエイブワンさんホームページからの抜粋です。
 
■WAVE ONE(ウエイブワン)
http://www.wave-one.com/
 
サイクルパンツは身体のラインが見えてしまうので恥ずかしいと思っている女性にオススメな『サイクルスカート』が新たにチームウエアのラインアップに加わりました。
無地のサイクルパンツやニーパンツと組み合わせても上下お揃いのチームウエアとしてセットアップできます。
ヒップハガータイプの巻きスカートでコンパクトに折りたためるので、ライディング中はポケットに収納しておいてカフェなどで休憩する時だけさっと取り出して着用する事もできます。
 
 
 
ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.8.11
運命のフレームとの出会い【ロード組立、初挑戦】

今まで、チームメイトがロードを組み立ててるところを横から見てただけだった私。。。
実は、ロードの組み立てに初チャレンジしちゃいました!
 
え?「フレームとパーツ、買ったの?!」…って??
 
実は、、、
以前、cyclowiredの取材をさせていただいた時、衝撃の出会いをしてしまったんです。。。
 
 ■むぃむぃアタック!記事
 『美山ロードで、初の cyclowired 取材!』
  http://www.legon.jp/mrynasu/2009/06/_cyclowired.html
 
この取材をしたイベント『美山ロード』の特別協賛している『MBK JAPAN』
その代表をされている幸壬(こうじん)さんと初めてお会いしました。
『MBK』は、欧州プロチームが採用することでも有名なフランスの老舗ブランドです。
この『美山ロード』の会場に25周年記念限定モデル『MBK RD1200』が展示されていたんです。
 
25周年記念限定モデル『MBK RD1200』
 
このモデルは全世界で200台がリリースされ、そのうち、日本への輸入は10台
細部まで凝ったデザインで、なんて美しいフレームなんでしょ~。
うぃ~む、、、日本に10台しかないんか。。。
 
もう、限定とかに弱い私が欲しくなってしまうの分かりますよね(・。・;
一目惚れして、その後も忘れられず。。。
…で、『MBK JAPAN』代表の幸壬さんに無理を言って、特別に譲っていただくことになったんです。
取材の御礼ということで、貴重な1台(XXSサイズ)をゲット!
 
25周年記念限定モデル『MBK RD1200』
 
これは一生もんにせなあかん。。。
大事にする為に、自分で最初から組み立てようって思ったんです。
 
結局、コンポも新しく『SHIMANO DURA-ACE 7900』を入手。
私にはもったいないロードが完成しそうだな。。。
 
この貴重なロード組み立て体験を数回に分けて紹介しようと思います。
初心を忘れないようにと、記録を残したい気持ちもちょっとあったしね(^_-)-☆
 
さぁ、プラモデルしか組んだことない私がロードを組めたんかな?
とりあえず、部品を全部並べて、組み立て開始!!
 
部品を全部並べて、組み立て開始!!
 
次回につづく。。。
 
 
【ロード組立、初挑戦】
 
■運命のフレームとの出会い
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_24.html
■実測!DURA-ACE 7900シリーズ
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/_7900.html
■身長152cm用ロードへの道
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/152cm_1.html
■動力の源、チェーンホイール
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_25.html
■まずは、仮止め祭り!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_27.html
■体型に合わす為の難関?
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_29.html
■ワイヤー道は険しかった
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_30.html
■いよいよ完成!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_31.html
 
※ロード組立初心者の方へ※
ご紹介している組立作業は、ロードの構造を熟知した方の指導の下、行っています。
個人で組まれる場合は、必ず、お近くの専門店などに最終調整&確認をしていただいて下さい。 
 
 
【関連サイトのご紹介】
 
■シクロワイアード/cyclowired
http://www.cyclowired.jp
□cyclowired記事
『麗しの周山街道 子供から大人まで楽しんだ美山ロード』

 http://www.cyclowired.jp/?q=node/8705
 
■MBK JAPAN
http://www.cyclelines.com/
 
 
ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.8.12
実測!DURA-ACE 7900シリーズ【ロード組立、初挑戦】

ロードの組み立てに初チャレンジしちゃいました!
 
前回は、チャレンジする経緯をお話しました、、、
 
さ、実際に組む前に、、、
一度やっておきたかったことっ(*^^)b
それは、パーツの実測です。
組んでしまったらできないもんね。
 
でも、量ったのは精密ハカリじゃなく、ホームセンターで買った2,000円くらいの電子ハカリです^^;
バランスよく置かないと、ちゃんと量れない(・_・;)
ま、だいたいそれぞれのパーツがどのくらいの重さか分かればいっか…というノリやね。
 
今回の実測は、思い切って購入した『SHIMANO DURA-ACE 7900シリーズ』です!
 
●HOLLOWTECH II クランクセット(コンパクトドライブ)
 FC-7950(クランク長:165mm)

 漕ぐ部分&チェーンを引っ掛けるもの。
 
 右アダプター、インナーカバー、左アダプター 「88g」
 フレームに通す中心部分。
 右アダプター、インナーカバー、左アダプター
 
 右クランクユニット 「473g」
 フロント(前)ギアの付いてる方のクランク。
 右クランクユニット
 
 左クランク 「177g」
 もう片方のクランク。
 左クランク
 
●リアディレイラー
 RD-7900-SS 「165g」

 リア(後)ギアをシフトするやつ。
 リアディレイラー
 
●デュアルピボット・キャリパーブレーキ
 BR-7900

 ブレーキのタイヤを挟む部分。
 
 後ブレーキ 「147g」
 後ブレーキ
 
 前ブレーキ 「151g」
 前ブレーキ
 取り付けネジが長い分、ちょっと重い。それ以外は後ろと同じ形状。
 
●デュアルコントロールレバー
 ST-7900 「371g」

 ギアチェンジしたりブレーキ操作する部分。
 デュアルコントロールレバー
 
●フロントディレイラー(直付タイプ)
 FD-7900-F 「66g」

 フロント(前)ギアをシフトするやつ。
 フロントディレイラー(直付タイプ)
 
●チェーン(チェーン切り前)
 CN-7900 「267g」

 ペダルで漕いだ力を後輪に伝えてくれる。(これは説明要らないよね^^;)
 チェーン(チェーン切り前)
 
●カセットスプロケット
 CS-7900(11-28T) 「189g」

 チェーンを引っ掛ける部分の後ろ側。
 カセットスプロケット
 
 
ふぅ~。。。終了。
カタログ重量と実測値は微妙に違っていました。
でも、全体的に、実測値の方が軽かったです。
 
今回の実測ネタで部品の正式名称、初めて知ったかも^^;
 
次は、ハンドルやペダル、ステム、その他の部品の実測をご紹介します。
 
 
次回につづく。。。
 
 
【ロード組立、初挑戦】
 
■運命のフレームとの出会い
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_24.html
■実測!DURA-ACE 7900シリーズ
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/_7900.html
■身長152cm用ロードへの道
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/152cm_1.html
■動力の源、チェーンホイール
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_25.html
■まずは、仮止め祭り!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_27.html
■体型に合わす為の難関?
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_29.html
■ワイヤー道は険しかった
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_30.html
■いよいよ完成!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_31.html
 
※ロード組立初心者の方へ※
ご紹介している組立作業は、ロードの構造を熟知した方の指導の下、行っています。
個人で組まれる場合は、必ず、お近くの専門店などに最終調整&確認をしていただいて下さい。 
 
 
【関連サイトのご紹介】
 
シマノ バイシクルコンポーネンツ
http://cycle.shimano.co.jp/
 
 
ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.8.17
身長152cm用ロードへの道【ロード組立、初挑戦】

【ロード組立、初挑戦】シリーズの第3回目です。
 
今回は、私が初めて海外メーカーのフレームに乗るために苦労したお話です。
ちなみに…私の身長は152cm(自称152.5cm)。。。
 
今までは、国内メーカーのスローピングタイプで小さいサイズのフレームを選んでいました。
『MBK』の25周年記念限定モデル『MBK RD1200(重量1.15kg:カタログより)』の一番小さいサイズはXXS
XXSは女性用に作ったサイズだそうです。
でも、おそらくこのフレームの適応する身長は、160cm前後。
一見、スローピングかなと思えるけど、トップチューブが上方向に湾曲しているので、跨げるのか心配。
25周年記念限定モデル『MBK RD1200』
でも、気に入って手に入れたこのフレームを絶対に乗れるように組み上げたい!
そんな思いで、個々のパーツを選定していきました。
 
コンポ以外のパーツ実測と選んだ理由をご紹介します。
 
●ハンドル「238g」
 Dixna SLセレクション-ジェイフィットmore サイズ(芯~芯):360mm
 
 ちょっと重量の量り方に困った^^;
 Dixna SLセレクション-ジェイフィットmore
 
 肩幅狭い&手が短い&指短い&下ハン怖いっっっ(>_<)
 リーチが短くドロップの小さいモノを選択。
 まさに女性のためのハンドル!
 
●ステム「75g」
 Dixna リッジラインステム(ホワイト) サイズ:60mm
 Dixna リッジラインステム(ホワイト)
 
 ハンドルの選定と同じく手が短いので、極力短く。
 こだわりはクランプカラーがゴールドというところ!
 
●シートポスト(シートピラー)「299g」
 BBB SKYSCRAPER BSP-20
 BBB SKYSCRAPER BSP-20
 
 最大の難関?
 フレームをよく見て下さい。
 シートポスト差し込むとこがちょっとフレームからはみ出てる(゜o゜)
 シート高(BBセンター~シート上面)と股下を測るとギリギリ!?
 こりゃ、シートポストは全く不要(出ない)やん。。。
 高価なものを購入してもけっきょくカットすることになるので無駄。
 しかもやぐら部分もできるだけ小さいのが必要。
 オフセット不要(むしろジャマ)。
 この条件を全て満たしたのがコレでした!
 シートポストは最低部分だけ残してカットするので、何も考えずに軽量化は可能だしね^^;
 
●バーテープ「85g」
 シルバ カーボンシリーズ(ゴールド)
 シルバ カーボンシリーズ(ゴールド)
 
 ゴールドに完璧にこだわってみました。
 フレームにもゴールド入ってるし(^_-)-☆
 
●サドル「231g」
 尊敬する女性ロードレーサーから譲り受けた貴重なサドル
 
 これは、尊敬する女性ロードレーサーから譲り受けた貴重なサドル。
 今までのサドルより、薄型でレーシング志向だけど、使いたかったので。。。
 おしりが割れないように、頑張ってダイエットしよ。
 
●フォーク「388g」/ヘッドパーツ「107g」
 MBK オリジナル・カーボン P3.0スネークアイ・デザイン
 MBK RD1200用フォーク
 MBK RD1200用ヘッドパーツ
 
●ペダル「277g」
 SHIMANO SPD-SL
 SHIMANO SPD-SL
 
●スペーサー「4g」 2個使用
 スペーサー
 
 
あとは、ワイヤーなど、細かい部品もありますが、実測は省略しました。
 
いよいよ次回は組み立ての様子をご紹介します!
 
 
【ロード組立、初挑戦】
 
■運命のフレームとの出会い
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_24.html
■実測!DURA-ACE 7900シリーズ
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/_7900.html
■身長152cm用ロードへの道
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/152cm_1.html
■動力の源、チェーンホイール
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_25.html
■まずは、仮止め祭り!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_27.html
■体型に合わす為の難関?
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_29.html
■ワイヤー道は険しかった
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_30.html
■いよいよ完成!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_31.html
 
※ロード組立初心者の方へ※
ご紹介している組立作業は、ロードの構造を熟知した方の指導の下、行っています。
個人で組まれる場合は、必ず、お近くの専門店などに最終調整&確認をしていただいて下さい。 
 
 
ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.8.22
動力の源、チェーンホイール【ロード組立、初挑戦】

【ロード組立、初挑戦】シリーズの第4回目です。
 
前置きが長かったですが、ようやく組み立て編です^^;
 
部品を全部並べて、自分で組もうとしたことに、ちょっと後悔してみたり…。
しばらく、購入したメンテナンスBOOKとにらめっこ。
 
メンテナンスBOOKとにらめっこ
 
組むところは、何回も見たことあったから、意外とイケるんちゃうん~とか思っていたのが甘かった。。。
今まで、コンポはシマノDURA-ACE 7700だったんだけど、、、
7900シリーズって、めっちゃ変わってるやんっっっ
 
ちなみに、私、ロード組立のド素人ですょ(ーー;)
たぶん、幼稚な表現でしか書けません。。。
そこんとこ、ご了承ください(^^ゞ
ちびっ子が懸命に夏休みの宿題の図画工作をやってるなぁ~って温かい目で見てやってね(^-^;)
 
まずは、自転車の動力の源となる「漕ぐ部分」の組み立てです。
 
●HOLLOWTECH II クランクセット(コンパクトドライブ)
 FC-7950(クランク長:165mm)

 
漕ぐ部分&チェーンを引っ掛けるものと、以前、紹介した部品やね。
 
まず、フレームに通す中心部分。
これが、噂のBB(ビービー)というヤツらしいです。
ボトムブラケットの略でビービー…B&Bではありません…<(_ _;)>
漕いだ時にカチカチ鳴ってたら、みんなが「BBが緩んどんちゃうか~」って言ってたアレですね。
 
フレームの真ん中の穴って、ネジみたいになってる。。。
グリスをたっぷりねじ山につけて…っと、、、これ大事だそうです。
 
グリスをたっぷりねじ山につける
 
塗る時、指切りそうで、ちょっとスリルを味わえる。
あ、グリス使う前に、手を拭くタオルを絶対に用意しないとダメです。
新しいフレームとか部品が、テカテカになります(・_・;)
 
チェーンリング側からセット。。。
 
チェーンリング側からセット
 
そして、専用工具で締める。
 
専用工具で締める
 
締める強さ…これくらいで良かったのかがちょっと不安。
組みあがって試走したら、チェックしてみないとね。
 
次に、チェーンホイール装着!
 
念願のコンパクトドライブヽ(^。^)ノ
 
念願のコンパクトドライブ
 
今まで、コンパクトじゃなく六甲山に上ってて驚かれたことある。
でも、私の周りの女子ローディーはみんな重いギアでもガンガン上れてるし…。
ちなみに、コンパクトドライブの存在すらしらなかった私(-_-;)
これで苦手だった山もスイスイ上れるかな???
エンジン変わらないからあかんか。。。(ーー;)
 
チェーンリング側から差込、反対側(左側)のクランクを取り付ける。。。
 
こーいう取り付けは悪い例^^;
 
…と、こーいう取り付けは悪い例^^;
でも、一度はやってみたい衝動に駆られるね~。
 
気を取り直して、対象になるように付け直し。。
 
対象になるように付け直し
 
キャップをつけて最後に左クランクのボルトを締めて出来上がり!
 
キャップをつけて最後に左クランクのボルトを締めて出来上がり
 
う~む。。。自転車の形になるにはまだ先は長そうだな。
 
クランクセット装着完了!
 
 
次回につづく・・・
 
 
【ロード組立、初挑戦】
 
■運命のフレームとの出会い
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_24.html
■実測!DURA-ACE 7900シリーズ
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/_7900.html
■身長152cm用ロードへの道
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/152cm_1.html
■動力の源、チェーンホイール
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_25.html
■まずは、仮止め祭り!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_27.html
■体型に合わす為の難関?
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_29.html
■ワイヤー道は険しかった
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_30.html
■いよいよ完成!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_31.html
 
※ロード組立初心者の方へ※
ご紹介している組立作業は、ロードの構造を熟知した方の指導の下、行っています。
個人で組まれる場合は、必ず、お近くの専門店などに最終調整&確認をしていただいて下さい。 
 
 
ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.8.23
シマノ鈴鹿ロード初参戦の思い出【涙のレース物語】

いよいよ今週末に三重県の鈴鹿サーキットで『シマノ鈴鹿ロード』が開催されます!
1983年、自転車の祭典として誕生したシマノ鈴鹿ロード。
このレースには、私のチームも結成の翌年2001年から毎年参加しています。
 
「自転車歴数ヶ月」という選手が続々エントリーしているこのレース。
実は、私の初めてのロードレース参戦も『シマノ鈴鹿ロード』だったんです。
 
積極的にロードレースに参戦していた当時は、必ずレースレポートを書いていました。
その時の気持ちを忘れたくないことと、初めてそのレースに参戦するチームメイトのためにと書き残していました。
 
サイスポ掲載記事
 
実は、シマノ鈴鹿ロード初参戦のレポートは、書いた翌年に雑誌『サイクルスポーツ』に掲載されました。
 
サイスポ掲載記事
 
初めてレースに参加される人の参考になるかどうか分かりませんが、そのレポートをご紹介しようと思います。
雑誌に掲載された内容とは文字数の関係で若干違いますが、ほぼ同内容です。
自転車初心者の時に書いたレポートなので、今読むと恥ずかしくて直したい文面もいっぱいありますが、敢えてそのまま掲載しますね^^;
 
----- 2001年 夏 -----
 
■ウエツキチエコ"涙"のレース物語 ~ シマノ鈴鹿ロード初参戦の巻 ~
 
ロードに乗り始めて約3ヶ月の頃。 (ママチャリ歴、高校3年間の通学のみ。スポーツ経験ほとんどなし。通知簿、体育"2"!) 思えば初めてロードにまたいだ時うまく乗ることもできず、ましてやクリートをはめることもできなかった。そんな未熟者の私は、『シマノ鈴鹿ロード』出場の為に3ヶ月練習に励んできた(こけた回数は限りなく…)。記念すべき、初めてのロードレースの為に…。
 
いよいよ本番の日がやってきた。私は鈴鹿サーキットレーシングコースを1周(5.864km)する初心者のカテゴリー『ビギナーWB』にエントリーしていた。スタート前、案の定、究極の緊張状態になってきた。明るさだけが取柄の私の顔からも、すっかり笑顔が消えていた。誰に話しかけられても上の空。体も思うように動かなくなっていた。このままでスタートできるんやろか?『ビギナーWB』の召集がかかり列に加わる。「なるべく前に並ばないと!」と、思っていると、運良く2列目の一番端にスペースがあったので自転車を担いで入った。なんでこんなに喉が渇くんだろう?水筒が離せない。
 
とうとうスタートラインに立った。前列は、かなり経験豊富そうな人ばかり。この人たち、絶対に初心者じゃないな?
 
緊張の中、スタートラインに並ぶ
 
1分前・・・みんなの声援に余裕の表情を無理やり作って微笑んだ。本当は消えてしまいたいくらいだった。
30秒前・・・なんでこんな秒読みをするんやろ?緊張が強調されていくやんか!
10秒前・・・覚悟を決めた。とにかくスタートで前に出るんだ!!
気持ちだけは、かっこいいロードレーサーになってた。
 
「パン!!」
スタートの合図が鳴った。
 
みんながいっせいにペダルをカチカチッとはめる音がした。クリートをはめるのが最後まで苦手だった私は、なかなかはめられない。はめた人からスピードを上げていく。「待ってくれぇ~!」私もいつもよりは早くペダルをはめられてスタートした。しかし頭でイメージしていたスピードが出せない!いや?そうではなくみんなが速いんだぁ~~~!!なんとかトップについて行かなければならないのに足を回す事が全くできない。
 
シケインに到着。(補足:自転車レースはコースを逆走する。) 落車をすごく心配していた地点だったが、ここまでは思うようにスピードが出せていなかったので無難に通過できた。しかしなんて緩やかな坂が続くんだろう…(T_T)。習得したばかりの坂道での立ちこぎを微妙に使ってみる。でもやっぱりまだ体が思うように動かない。すぐ座ってしまう。そうこうしているうちに、どんどん抜かれていった。この時点では、きっと後ろから数えたほうが早かったと思う。
 
西ストレートに入った。坂道から開放され重いギアに入れて必死でこいだ。でも周りの人も速い。どうやって順位をあげていけばいいんだろう?そういえば私の師匠は上体を前傾姿勢にしてハンドルの真ん中へんを持つって言ってたな?やってみよう!・・・うわっ!ハンドルが左右にふれた。こんなんできへんわ!!素人の私には、この技はまだ早かった。怖かった私は一瞬パニック状態になった。(なんで私はレース中に練習なんかしてるねん!)
 
スプーンカーブ。少し気持ちに余裕が出てきた私は後ろを振り返ってみた。数人が追ってきていた。やっぱりこの時点ではビリの方だ。そう実感した。この辺りから、ビギナーWBの前でスタートした『ユース10-12B』に追いついた。 10歳から12歳の子供たちが一生懸命走っているのが目の前に見えた。心の中でがんばれ~って思いながらその子たちを抜いていった。それと同時に私もがんばらないとっていう気持ちも大きくなった。
 
一番落車が怖かったヘアピンカーブ。でも私はここがヘアピンカーブだったということを過ぎてから知った。かなり怖いイメージを持っていたので、それほど急カーブに感じなかったのかも。それに集団で走っていなかったから一人で慎重に曲がれた。この時点で半分来たわけだ。あと半分でこの順位から脱出しないと!
 
デグナーカーブ。このコーナーが意外と曲がりにくかった。よく落車があるところらしい。それを過ぎると、また坂道だ・・・。しんどい。でもこがないと…。ふと前を見ると少人数の集団がいた。この集団の前に出るんだ!そう思い、がむしゃらに立ちこぎした。この坂で何とか数人を抜いた。ここから、前を走っている速そうな人を見つけて後ろにつく作戦を試みた。なんとかこの小さな集団を抜けたかも?そうやって少しずつ順位を上げて行った。
 
ダンロップカーブで、ふと朝にチームメイトに聞いた言葉を思い出した。「通常、後輪のギアをトップ側に入れていったら、前のギアはアウターに入れる。」なんと私は恥ずかしいことにレースのこの日までアウターギアを使ったことがなかった。入れ方が前と後が逆なのもこの時まで知らなかった。どうりで後輪の重いギアを入れるとガイドプレートに擦れてカリカリ言うわけだ・・・。私は、前のギアチェンジを試みてみた。なんと!?うまく入らない!!どうすんの???私は逆なことを知らなかったためにとんちんかんなことをしていた。必死で触っていると フッ っとペダルが重くなった。入った!そして自転車が急に加速し始めた。
 
S字カーブ。この日は台風が近くまで来ているせいか、かなり突風が吹いている。自転車は何度かあおられた。その度にハンドルが取られる。「怖いよ~」せっかくスピードが上がってきたのに、ブレーキをかけそうになってしまう。徐々にスピードが上がったので前を走っていたロードをインから抜こうとした。その時また突風。芝生のギリギリまで自転車が!!落車する!!その横を救護車(?)が走っていく。これには絶対に乗るもんか!!私はなんとか持ち越した。こけずに済んだ。
 
最後の大きなカーブ。重いギアに変えたからか、ここで私はなんと10人近く抜いた。この私が人を抜いている!?今まで競争というもの全てをビリしか経験したことのない運動音痴な私にはこの出来事が一番信じられなかった。すごく気分がよかった。ゴール寸前でようやくレースの楽しさを実感できてきた。
 
最後のホームストレートだ!ただひたすらこいでこいでこぎまくった。我がチームの応援団が見えてきた。声援が飛んでくる。嬉しくなった私は、笑顔で手を振った。あ!!なんとその瞬間、2人に抜かれてしまった。くそぉ~~!!レース前は絶対に立ちこぎでゴールするぞっ思っていたのに、そんな余裕はなかった。でも、せめて差を広げたくなかった。私はなんとかその抜かしていった2人に追いつき僅差でゴールした。
 
初めてのゴールスプリント
 
感極まった。涙が込み上げてくる。でも我慢した。チームのメンバーの顔を見たら泣いてしまうかも。私は涙をこらえて歩いた。チームメイトがゴールに迎えにきてくれていた。嬉しいのに笑顔も見せることができず黙っていた。正直言って完走した喜びもあったけど最後に抜かれてしまったことが悔しかった。今まで一生懸命教えてくれた師匠にも申し訳ないと思った。明るく振舞おうとすればするほど、ひねくれた自分がいた。まだまだ根性のない自分を実感した。
 
結果は、54名中29位。
 
それまでは、チームの単なるマネージャーだった私。。。
「どんくさいマネージャーがレースに出たら、チームメイトの刺激になって活性化する」という世論に負けて出場することになったレース。
でも、この初レースは私にとって一生忘れられない思い出になった。運動音痴だと思っていた私。競争に対するトラウマ。すべてが消えた瞬間だった。
 
最後はけっきょく恥ずかしいくらいに泣いてしまった。チームのみんなには本当に迷惑をかけました。甘えてしまってごめんね。
 
   おしまい。。。
 
-----
 
この2年後、同じレースで初の個人入賞をすることになりました。
それも、このレースレポートを書いて初心を忘れずに練習したからだと思うのです。
こんな私でも、一生懸命練習すれば夢を現実に変えることができたんです。
また、この初めての個人入賞のレース物語は、またいつかご紹介します。
 
シマノ鈴鹿ロードに初めて参戦する皆さん、最後まで諦めずに頑張って走ってくださいね!!
 
■シマノ鈴鹿ロードレース紹介
 
【開催場所】三重県(鈴鹿サーキットレーシングコース)
【距離】5,824m/1周 通常の逆回り
【高低差】52m
【ホームページ】http://www.shimano-event.jp/
 
 
 
ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.8.28
まずは、仮止め祭り!【ロード組立、初挑戦】

【ロード組立、初挑戦】シリーズの第5回目です。
 
前回は自転車の動力の源となる「漕ぐ部分」チェーンホイールの組み立てまでが終わりました。
 
読者の皆さんから、色々とご声援やご心配をいただき、本当に嬉しいです!
ありがとうございます(*^_^*)
 
一応、各部品の装着完了後は、チームのメカニックさんにもチェックをしていただいてるので、走行中にルパンの車のようにバラバラにはならないと思います^^;
 
ホイールを取り付けした方が組みやすいので、次にホイール周りを組み立てよう!
最初は、仮止めばっかりの仮止め祭りやでぇ~~ヽ(^。^)ノ
 
 
●フォーク
 MBK オリジナル・カーボン P3.0スネークアイ・デザイン

 
フォークの取り付け。。。
ちょっと自転車らしくなるかな?
 
フォークの取り付け
 
ヘッドチューブにヘッドパーツを装着し、フォークを通してステム(ハンドルを付けるとこ)をセット。
でも、後からコラム(ステムを付けるとこ)をカットしないといけないので、まだ仮止め。
まずは、シフトレバーやケーブルなど付けて調整しないとカットする長さが分からないもんね。
コラム切るの失敗したら、かなり凹む(~o~)
 
 
●リアディレイラー
 RD-7900-SS

 
リア(後)ギアをシフトするやつをエンドに装着。
これも、今は止めるだけ。
 
リアディレイラーの取り付け
 
 
●デュアルピボット・キャリパーブレーキ
 BR-7900

 
後ブレーキのタイヤを挟む部分のリアブレーキ。
取り付け位置につけるだけ。
 
リアブレーキの取り付け
 
前ブレーキ部分のフロントブレーキ。
こちらも取り付け位置につけるだけで、前後とも、センター調整は後で。
 
フロントブレーキの取り付け
 
とりあえず装着するのは、まだ分かりやすくて楽しい(^^♪
 
 
●カセットスプロケット
 CS-7900(11-28T)

 
チェーンを引っ掛ける部分の後ろ側。
みんなが「スプロケ」って呼んでるとこやね。
最初にこの名称聞いたとき、「ロケット」の形をしてると思ったわ(ーー;)
 
カセットスプロケットの取り付け
 
今まで付いていた9S(7700用)を外して、禁断の12-28の超ワイドレシオを装着。
これは、チェーンみたいなのが付いた専用工具「スポロケットリムーバー」外すねん。
よく出来てるな~、この工具。この形状にちょっと感動した。。。
 
スポロケットリムーバー
 
どうしても力が入るとガニ股になってまうな。。。^^;
 
カセットスプロケットの取り付け
 
 
次回につづく・・・
 
 
【ロード組立、初挑戦】
 
■運命のフレームとの出会い
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_24.html
■実測!DURA-ACE 7900シリーズ
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/_7900.html
■身長152cm用ロードへの道
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/152cm_1.html
■動力の源、チェーンホイール
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_25.html
■まずは、仮止め祭り!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/08/post_27.html
■体型に合わす為の難関?
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_29.html
■ワイヤー道は険しかった
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_30.html
■いよいよ完成!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/09/post_31.html
 
※ロード組立初心者の方へ※
ご紹介している組立作業は、ロードの構造を熟知した方の指導の下、行っています。
個人で組まれる場合は、必ず、お近くの専門店などに最終調整&確認をしていただいて下さい。 
 
 
ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/