ウエツキめりぃの むぃむぃアタック!LEGON
いらっしゃいませ!! イラストレーターのウエツキチエコ です。
ゆる~い感じの自転車コラムを書いていこうと思っていますので、よろしくお願いします♪
自転車紳士録では、ウエツキめりぃ というニックネームで、登録しています。

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月 アーカイブ


2009.6. 1
美山ロードで、初の cyclowired 取材!

5月31日、京都府南丹市美山町にて開催された「2009 MBKカップ美山サイクルロード」に行って来ました。

表彰式会場

今回は、自転車情報のポータルサイト「 シクロワイアード/cyclowired 」の取材もすることになり、はりきって早朝より会場入り。
デジカメと手帳、そしてお茶をサコッシュ(レース用補給袋)に入れて…と言っても、ロードではなく歩きですが^^;
全カテゴリーのレース&表彰式の取材してきました。

その様子は、コチラに掲載されていますので、ぜひご覧下さい。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
■麗しの周山街道 子供から大人まで楽しんだ美山ロード
http://www.cyclowired.jp/?q=node/8705

実はこの日、DJのブラッキーさんに初めてご挨拶させていただきました。
大会当日はDJで活躍、そして前日は、子供たちへの自転車教室「ウィーラースクール」を主催されていました。

ウィーラースクールの様子

ロッカーのようなワイルドさがある反面、すごくフランクでおもしろい人(*^_^*)
初対面なのに、気さくに話をして下さいました。

そして、美山ロードを特別協賛している『MBK JAPAN』の代表の幸壬(こうじん)さんとも初めてお話しました。

MBKのMTBがもらえるジャンケン大会

幸壬さんの地元が京都ということで、美山サイクルロードを主催している京都府自転車競技連盟には、学生時代にお世話になったとのこと。
そんな繋がりの中、この大会をバックアップされているそうです。
MBKのフレームも初めて間近で見ました!
なんて細部まで凝ってるんでしょっっっ(゜o゜)
取材が目的なのに、私自身がかなりMBKのフレームに惹かれてしまった^^;
詳しくは、また後日、ご紹介。。。

毎年、美山ロードには、NASU FAN CLUBのチームメイトや自転車仲間が多数参加!

C1二連覇の永良選手を囲んで記念撮影

今年も各カテゴリーに知ってる面々が参加していました。
みんなの頑張りに刺激されまくりでした。

この日は、私の誕生日だったのですが、なんとチームメイトからの2位入賞のサプライズプレゼントもありました☆
「めりぃさんの誕生日やから頑張ったで」と言ってもらえて感激したよー。

みんなで2位入賞を喜ぶ

こんなに会場の様子を隅々までじっくり見たのは、はじめてかも?!
1日中、大好きな自転車のことで動き回れて、幸せな時間を過ごせました。

この日、取材の機会を与えてくださったシクロワイアードさんに感謝します(^-^)/

【関連サイトのご紹介】

■シクロワイアード/cyclowired
http://www.cyclowired.jp

■MBK JAPAN
http://www.cyclelines.com/

■ウィーラースクールジャパン
http://www.voiceblog.jp/ws-japan/

■京都府自転車競技連盟
http://www.kyoto-cf.com/

【むぃむぃ関連記事】

■美山ロードコース 試走レポ!
http://www.legon.jp/mrynasu/2009/05/post_13.html


【シクロワイアード】のご紹介

「ようこそ、サイクリングがつなぐコミュニティへ」
シクロワイアードは、スポーツサイクリング関連の情報を扱うポータルサイトとして、今年2月1日よりサービスを開始しました。

・cyclowired とは?

「シクロワイアード」とは、自転車の国フランス語の「シクロ」と、"ネット上につながったコミュニティ"という意味の「ワイアード」(英語)の造語です。
自転車に使われるワイヤーはスムーズな動きの要であり、連鎖して新たな動きが起こることを連想させます。

・豊かな表現力で伝える新世代サイクリング

シクロワイアードは、ツール・ド・フランスを頂点とした海外トップレースのニュースや現地レポート、インタビュー、国内イベントレポート、製品レビュー、生活シーンにおける自転車情報まで、サイクリストが興味をもつ様々なコンテンツをデイリーでアップデートします。
ポッドキャストやムービーストリーミングによる音声・動画配信、リアルタイムで情報を伝えるテキストライブ、モバイルデバイス向けコンテンツなど各種の方法を用いながら、ブロードバンド時代ならではの豊かな表現力でサイクリング界の「今」を伝えます。

・価値あるコンテンツ配信を目指すメディアの姿勢

インターネットの普及により、誰もが情報を簡単に得られ、ブログによって個人でも情報を発信できる時代になりました。
その一方で、空洞化した情報がネット上に氾濫するといった現象も起きています。

シクロワイアードが重視するのは、情報の正確さに加えて、その内容のクオリティや独自性。
つまりコンテンツの価値です。
海外情報であっても可能な限り現地取材にこだわる。
また書き手にもその道のプロフェッショナルを起用することで、独自性のある、よりレベルの高い情報に仕上げてお届けする。
そう、いかにネット化が進もうとも、メディアとしての原点は不変のものだと我々は考えます。

価値ある情報とコンテンツの創造につとめ、広義には新しい時代の自転車文化に貢献することも、シクロワイアードの使命です。


ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.6.11
計5時間耐久ソロ、完走なるか?!

自転車コラム『むぃむぃアタック!』で紹介する龍野マウンテンバイク協会さんの取材も兼ねて『エンデューロin播磨中央公園』に参加してきました。
今回、無謀にも午前2時間耐久ソロ+午後3時間耐久ソロにダブルエントリー。
初めての合計5時間耐久参戦(今までの最高は4時間半)。
ハードだったからなのか、歳をとったからなのか…回復に3日もかかった。

しかし、今まで出場したレースの中で一番まいった。。。
初めてのハプニングもたくさんあった。。。
あまりにも色んなことが多すぎたので、何を書いたらいいのやら?!

まずは、午前中は2時間耐久ソロに参戦。
女子エントリーは5名。
前回は、女子参加者が1人だったので完走さえすれば優勝。
今回は、そうはいかない。
なんとか3位入賞まではしたいっっっ(←無謀な思い)
いつもなら最後尾からのスタートだけど、男子チームメイトと一緒に前の方からスタート!
午前の耐久レースがスタート!
しかし、いきなりの激坂で速攻、先頭集団から切れる^^;;;;;

1周目で優勝常連のカッコイイ走りの女性1名に抜かれ、2位。
3周目の激坂で、もう1人に抜かれ、3位。
でも、いつもなら1周目から最下位の私だけど、今日は珍しく頑張ってるほう?

ここからは、ペースを落とすわけにはいかない。
でも、坂がとくに苦手な(超遅い)私にとって、上りと下りしかないこのコースはつらい。
以前、チームメイトから「耐久はペースをあまり変えず、一定の速度で走る事が完走の秘訣」と教えてもらった。
でも、激坂の度に先頭集団にラップされてる気がする。。。

何を思ったか、私は無謀な作戦に出てしまった。
上りが超遅い分、下りとわずかな平地はラップしていく速い男性にくっついて行こう!…って(-_-;)
応援の多い計測ポイントでは、なんちゃって高速トレイン。。。速そうにみえるやん(^0_0^)ムフフ
トレインに乗せて下さった紳士の皆様、ありがとうございます!
高速トレインになんちゃって乗車
でもこれって、めっちゃインターバルトレーニング!?
上り時速8km、下り+平地時速50kmオーバー。。。
これが、午後からの3時間耐久ソロに影響することは、この時は考えてなかった。。。

そんな調子で走っていると、急に下りで速度が上がらなくなった。
40kmも出てないのに、下りコーナーで後輪がすべる。
どんどんペースが落ちていく。

そして、また女性1人に抜かれる。。。4位だ。

そして下りの急カーブ。。。
思い切り後輪がロックし滑った。
コースアウトし、柵に激突寸前!
この時、後ろから誰も来ていなかったので、大惨事は免れた。

なななななんと!
レース中にはじめてのスローパンクを経験。
後輪の空気が半分くらい抜けていた。
全くスピードが上がらなかった理由が分かったが、よく落車せずにすんだもんだ(T-T)
ここからは、もう怖くて乗れなかった。
ゴール地点まで、クリートシューズで2kmくらい30分かけて歩いた。
パンク修理をして復帰しようと思ったが、終了時間まで、残り30分しかなかった。
耐久レースで初のDNF。。。凹んだ。
でも、選手の皆さんを巻き込んでコケなくて良かったよぉ。。。
フラフラしててゴメンナサイ!

午後からの、3時間耐久ソロは、前回と同じく女子1名のエントリー。
完走すれば優勝。。
午前で腰痛が出てしまったチームメイトが棄権するくらいならと、私のアシストしてくれることになった。
2人は、老体に鞭打ってスタート。
今回は、ペースを変えず、のんびりと、、、。

しか~し!!
午前の無謀な走りと2kmのクリートシューズウォーキングが祟ったのか、2時間経過したくらいで、体中に激痛が走り始めた。
「力が入らないっっっ!漕げないっっっ!!」

でも、完走すれば優勝だ。。。やめたらあかん。

その時、アシストメンバーのバイクから「パチっ!」と変な音が鳴る。
どうやら、ホイールのスポークが折れたらしい。
今まで、どんだけハードな走り方しとったんや?!

そこからは、体力の他に、強力なアシストも失う。
残り1時間は記憶が無いほどボロボロだった。。。

気がつけば、ゴール。
完走できたっっっ(TーT)

でも、自転車から降りたとたん、足とオシリを吊る。
しばらく芝生の上で動けなかった。

帰りの車中も意識モウロウ。
食欲もなく。。。

翌朝の仕事はロボット状態だったことは言うまでもない(ーー;)
無理はいかんよ・・・無理は。。。

・・・と、いろんなことを経験した1日でした。
なんちゃって優勝

取材した龍野マウンテンバイク協会さんのむぃむぃ記事、ネタが揃ったらアップしますので、良かったら読んでくださいね~(*^_^*)

ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.6.12
直撃!サイクルイベント主催者インタビュー 『龍野MTB協会』編

今回は、いつもレースなどでお世話になっている『龍野マウンテンバイク協会』さんをご紹介します。

『龍野マウンテンバイク協会』さんの主催されているイベントのポイントは、ホビーレーサーから通勤・通学ライダーまでが楽しく走れること。

楽しく走ろう!

オフロードだけでなくオンロードのレースも主催されています。
前回の記事で書いた『エンデューロin播磨中央公園』も龍野マウンテンバイク協会さんのイベントでした。

 ■計5時間耐久ソロ、完走なるか?!
 http://www.legon.jp/mrynasu/2009/06/post_15.html

参加者集合写真

耐久レースなどは、実業団で活躍されているレーサーも参加され、普段、上級カテゴリーでレースをされている人たちと一緒に走る体験もできちゃいます。

耐久レース

もちろん、ホビーレースなので、ベテランレーサーも、参加者がちょっと頑張ったら着いていけるくらいの着かず離れずのペースで走ってくれます。
私もこんなチャンスはめったにないので、100mだけでもそんな選手の後ろにくっついてみようかな?…なんて思ったりもしますが、難しいんですよねぇ~^^;

エリートライダーと走ろう!

わずかな時間でも、ベテランレーサーについて走りを見れるのはかなり勉強になるみたいです(チームメイト談)。
龍野マウンテンバイク協会さんのイベントは、レースに参加したことがない人やレース経験の少ない人にもオススメです。

こんなアットホームな大会を運営されているのが、Jシリーズを転戦するエリートライダー小野良太さん
マウンテンバイクでは兵庫県sonic racingの代表を務めています。
マウンテンバイクで鍛えたスピードとテクニックは絶品!
おまけに男前とあって、人気者なんです。
実は「天然さん」という裏の顔もあり?!…だとか(^^ゞ

そんな小野さんにいろいろと質問させていただきました。

エリートライダー小野良太さん

-----

●●●龍野マウンテンバイク協会の主な活動内容は?

菖蒲谷(兵庫県たつの市)を中心に、レースを開催するという普及活動をしています。
上級ライダーだけでなく、初心者も参加できるような河川敷レース、週末には「キッズMTB練習会」も開催(月1~2回:ホームページにて開催予告)しています。
キッズ終了後、大人の方対象のマウンテンバイク練習会もあります。
初めてマウンテンバイクに挑戦される方も大歓迎です。

●●●設立された経緯や将来に向けての思いを聞かせてください。

たつの市が主催していたマウンテンバイクレース(地元開催のレースで私も参加してました)が地域合併等の事情によりなくなってしまいました。
何とか続けられないものかと知り合いの市職員に掛け合っていたところ、実行委員としてやってみないかということになりました。
それがきっかけで、もっと地元に密着したイベントを増やしていこうと思い、調子にのって続けています(笑)。

目標は、、、
マウンテンバイク人口を増やすこと。
レースイベントを継続していくこと。
全日本で活躍するライダーを関西(特に兵庫)から出すこと。

●●●選手でありながらイベントを運営するのはたいへんではないですか?

イベント開催場所の管理者・利用者との調整などが色々あります。
やはり、自分自身も選手の立場上、練習時間も必要ですし、限られた時間の中調整作業をすることになり、いつも段取りに追われてしまいます。
たいへんなことも多いですが、参加して頂いた方との交流が励みになっています。

●●●皆さんに向けて、一言お願いします!

これからもマウンテンバイク、ロードバイクのレースイベントを継続して開催したいと思っています。
やはり、このようなイベントは、参加してくださる方がいらっしゃるこそ、実現できるものです。
至らぬ点も多々あると思いますが、これからも頑張りますのでよろしくお願いします。

-----

お忙しい中、快く取材に応じて下さり、ありがとうございました。
発足当初は参加者が少なかったイベントも、小野さんのお人柄の良さでリピーター参加者もどんどん増えています。
私もそのうちの一人です(*^^)

受付風景

レースやイベントとは無縁だと思っていた人も、一度、見学してみてはどうでしょうか(*^_^*)
きっと、参加してみたくなっちゃうと思いますよ~♪

今度はあなたが主役かも?


■お問い合わせ先■
 
 龍野マウンテンバイク協会

 代表:小野 良太
 E-Mail:sonic-mtb@ares.eonet.ne.jp
 WEB:http://on-the-trail.dnights.lomo.jp/

ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.6.16
かめ練の大切さを考えてみた

先日、龍野マウンテンバイク協会さんの取材することで、いろいろと初心に返って考える機会ができた。

 ■直撃!サイクルイベント主催者インタビュー 『龍野MTB協会』編
  http://www.legon.jp/mrynasu/2009/06/_mtb_1.html

で、この週末に亀さんみたいにスローペースで走るサイクリング(練習会)『かめ練』を企画しようと思い立つ。

どこの自転車チームでも悩んでいるんちゃうかな?…と思うこと。
そして、『かめ練』の大切さを、ちょっと考えて書いてみよう思う。

これは、チームが結成されて初めて開催したサイクリングの写真(2000年4月)。

チームが結成されて初めて開催したサイクリングの写真(2000年4月)

私は、まだサイクルジャージもレーパン持ってなかった(^^ゞ

まだサイクルジャージもレーパン持ってなかった

私が運営しているチームが出来て、早くも9年。
5名からスタートして、今では70名近くメンバーが居る。
単なるサークルの延長の初心者集団だったのに、今は実業団登録までしている。
そして、みんながチームのために、とても頑張ってくれている。

そのおかげで、表彰台に立つことも増えた。
このチームは速いと思ってくれる人も増えた。

でも、速くなる努力をできてない自分自身がどんどんと置いて行かれてるのも確か。
レースで活躍しているメンバーと一緒に走ることが難しい。
チームの練習会に参加しようものなら、たぶん迷惑をかけてしまうだろう。
みんなが私のペースに合わせてくれたとしても、それがプレッシャーになってしまうかもしれない。
みんなと楽しく走りたい気持ちはあるんやで。。。^^;;;;

でも、もしかしたら、私と同じ事を思ってるメンバーがいるんちゃうかな?
ふと、そんなことも思ったりした。

レースのための練習はもちろん必要だけど、チームメイト同士の交流が持てるサイクリングも必要かも???
自転車チームと言えども、レースだけが目的でない人もたくさんいるだろうし。

とくに自転車を始めたばかりの人は、自分が自転車で何をしたいか、まだ見えてないはず。
レースに出たいのか、健康のためなのか、単に自転車に乗る事が好きなだけなのか。。。
そんな人がやりたいことを見つけられるイベントを私自身が企画すればいいんちゃうか?

脚力のある人でも、ゆっくりなペースで走りながら練習できることもある。
そして、自分の経験を仲間に教えてあげる事によって、自分自信も成長できるはず。
知り合いの中で、すでにそれを実践してくれている人も居る。


全国には、たくさんの自転車チームがあるけど、レース班とサイクリング班をうまくまとめることに苦労しているらしい。
私のチームも、そんな悩みを持ち続け、今ではすっかりレース志向が強くなってるかなぁ~。
ちょっと、ここらで、初心に返って、70名ほどのチームメイト全員が満足できるような自転車チームを目指そう!
かなり難しいとは思うけど。。。

とりあえず、自分自身が楽しめるイベントを企画してみようかな?
そして、いつか、初心者から上級者が楽しく参加できるイベントを実現したいなぁ。

あくまでも、、です^^;

ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.6.21
『かめ練』 改め 『なすポタ』 プロトタイプ版?

前回の記事で、こんな事を書いてました。

 ■かめ練の大切さを考えてみた
  http://www.legon.jp/mrynasu/2009/06/post_16.html

いろんなレベルの人が楽しめるサイクリングイベントをできないかと、チームの部長に相談。
ちょうど、チームにはロードを始めたばかりの人も何人か居るし、、、
そんな人を中心に、近所で集まれそうな人に声をかけてもらって『かめ練』のプロトタイプ版を実施。

参加者集合写真!

実は、こんなイベントって、初めて開催するわけじゃなく、チーム発足当初にやっていたイベントを復活させた感じ。
あくまでも、練習会じゃなく、自転車乗り同士の交流の場
親子参加もできるので、自転車乗りのパパさんやママさんもご家族に気兼ね(?)なく、参加できたりするんかな?
速い人も先に目的地に行ってしまわず、まんべんなく参加者と話をできるくらいのペースで走ってもらった。

みんなでポタポタ~

ベテランさんは、みんなのフォームチェック、メカの調子や走行時の悩みを色々と聞いてあげたり…。
ここで知り合った同じレベルの人同士が、これをきっかけに一緒に走りに行ったりできると最高にイイ!

そこで、まず『かめ練』というネーミングに疑問が。。。
これって、練習じゃないよな~???
どちらかというと交流ポタリング?
チームの部長とネーミングを考え直し!
…で、 『かめ練』 改め 『なすポタ』 となりました♪

今回の開催場所は、広い自転車道のある加古川河川敷。
ここなら、ポタポタとみんなで走れるし(*^^)b

途中、何度が休憩を入れて、輪になって雑談タイムあり~♪

途中休憩の風景

やっぱ、ほとんどが自転車の話だったね~(^^ゞ
そして、お互いの自転車を借りて試走してみたり。

参加者で一番大きな人が小さな私の自転車を三輪車みたいに乗ってました^^;;;

フレームサイズ、間違ってるでぇ~

全くの初心者の人は、この自転車道を往復、その後、目的地までは車で移動。
そして、走れる人は、自転車道終点から25kmくらい離れた目的地まで自走で!

そして、到着したのは、おいしくて有名なうどんのお店『がいな製麺所(加西店)』!!

がいな製麺所(加西店)

ここで合流し、みんなでワイワイしゃべりながら食べましたヽ(^。^)ノ
こんなご褒美があるのとないのでは、みんなのテンションも違いますよね(^_-)-☆

釜揚げ玉子うどん、最高!

普段、一緒に走ることの少なかったメンバーとも会えて、すごく楽しかった~♪
なんか、新鮮でした。

みんなも楽しかったって言ってくれたので、一安心。
最終的には、全員が自分の満足できる走り方をできたんじゃないかな?

今回はお試しで開催してみたけど、今後、定期的に開催できるといいなって思いました(*^。^*)
もちろん、ご褒美のグルメ付きでね(*^^)v


【今回の主な立ち寄り場所】

■兵庫県道569号加古川右岸自転車道線
 http://www.bicycle-road.jp/road/06/089.html

■みとろフルーツパーク
 http://www.city.kakogawa.hyogo.jp/index.cfm/11,6394,113,html

■がいな製麺所 加西店
 http://www.gaina-japan.com/

ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/



2009.6.24
全日本自転車競技選手権、一足先にデザイン公開!

広島県中央森林公園のサイクリングロードにて『第12回全日本自転車競技選手権大会ロードレース』が開催されます。
昨年に引き続き、表彰台バックプレート、大会関係者用のIDカード、キャップ、参加賞のバッグのデザインを担当させていただきました。

主管担当の山内さんにOKをいただいたので、一足早くデザインだけ公開します。

全日本選手権は格式のある大会であるため、制約が多く一番難しいかも。。。
なんせ、表彰台バックプレートに入れなければならない文字が多い。
そして、文字のレイアウトも、ほぼ決まっています。
なんとか、キャラクター『かめリン』を目立たないように配置しちゃいました(^^ゞ
今回、少し思い切ったデザインにできたのは、山内さんのおかげなんです。
山内さんが私のデザインを尊重してくださったことに本当に感謝します。
イラストレーターとして、信用して任せていただけたことが一番の励みになりました。

【表彰台バックプレート】デザイン画

表彰台バックプレート

【大会スタッフIDカード】デザイン画

大会スタッフIDカード

【参加賞バッグ】デザイン画

参加賞バッグ

【大会スタッフ用キャップ】デザイン画

大会スタッフ用キャップ

今回は、大会スタッフとして、お手伝いもさせていただくことになっています。
スタッフの制服は、白系ポロシャツにグレーのスカートと正装。
持ってなくて、慌てて買いに行ってきました^^;
たぶん、生まれて初めてのポロシャツ姿です。
私にとっては、正統派のコスプレかも(*^_^*)

もし、当日、来られる方がいらっしゃいましたら、そんなレアな私を会場で見つけてくださいね(*^ー^)ノ

当日の大会の様子は、大会終了後にご紹介させていただきます。

■2009/6/27(土)

第78回全日本アマチュア自転車競技選手権大会ロードレース
第14回ジュニア全日本選手権ロードレース
 兼 2009年ジュニア世界選手権自転車競技大会代表候補選手選考会

■2009/6/28(日)

第12回全日本自転車競技選手権大会ロードレース
 兼 2009年ロード世界選手権自転車競技大会代表候補選手選考会


■むぃむぃ関連記事

●全日本自転車競技選手権、一足先にデザイン公開!
http://www.legon.jp/mrynasu/2009/06/post_18.html

●全日本自転車競技選手権、デザイン編
http://www.legon.jp/mrynasu/2009/07/post_17.html

●全日本自転車競技選手権、スタッフ編
http://www.legon.jp/mrynasu/2009/07/post_19.html

●全日本選手権を成功に導いたのは…
http://www.legon.jp/mrynasu/2009/07/post_20.html

●全日本選手権ネタの締めくくりは…
http://www.legon.jp/mrynasu/2009/07/post_22.html

【関連サイト】

日本自転車競技連盟
http://www.jcf.or.jp/
広島県自転車競技連盟
http://www.hiroshima-cf.com/

ウエツキチエコ
オフィシャルホームページ
めりなすネット
http://www.mrynasu.net/