めざせ!ビューティーサイクリスト!
こんにちは!Beauty creatorのMickeyです!あ、男子です(笑)。 皆様が『美しくカッコよく』自転車に乗るためのサポートをさせていただきます。 質問・お悩み・ご相談等々、どしどしお寄せください!私を含め、美のスペシャリスト達がお答えします。もちろん男性も大歓迎ですよ! よろしくお願いします。
2012.6.25



皆さんこんにちわ!



梅雨も本格化してきましたね。でもその合間の日射しがジリジリしてきました。



 



さて、先日こんなご質問をいただきました。



>>>>



私は紫外線に顔を晒し続けている女性サイクリストです。



ぜひ大切な「塗り直し」の方法について具体的に教えてください。



私は現在UV50.PA+++の日焼け止めクリームを念入りに塗ってファンデでテカリを抑えていますが、毎回しっかり日焼けします。



マメに塗り直さないことがイケナイんだろうなと思いつつ、この「塗り直し」をどうしたら良いかわからずにいます。



サイクリストの場合、走っていると顔が砂ホコリでジャリジャリに汚れます。ファンデーションもつけています。その顔に途中で塗り直すってどうすれば…??(涙



日常でもきっちりメイクをしている時の「塗り直し」は実際どうしたら良いのかわかりません。一度メイクを落とすのでしょうか?



ファンデーションの上から塗るのでしょうか?(気持ち悪い気がします)



塗り直しが大切とは色々なところで目にしますが、いつもこの疑問が解決されません。



どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m



>>>>



 



言われてみたら、確かにその通りです。「マメに塗り直せ!」と誰もが言っていますが、確かにその具体的な方法はあまり言及されていませんね。



 



わかりやすくするために、




1)日焼け止め効果を持続させる



ことと



2)砂やホコリで汚れる



ことを分けて考えます。



日焼けを防ぐのに最も効果的な方法は、



1)科学的アプローチ(日焼け止め)



2)物理的アプローチ(ファンデーションで壁を作る)



です。



どちらが効果的かと言えば、物理的に壁(ファンデーション)で遮断し、その壁を壊さないようにする(化粧直し)ことです。



従って、顔に限れば、朝しっかり日焼け止め・ファンデーションをつけて、崩れないようにしっかり化粧直しすることが最善の方法です。



ただ、「砂とホコリでジャリジャリに汚れて気持ち悪い」となると、それをどうにかしたいですね。



ポイントメイクをしていないのであれば、クレンジングシートで1回全部落としてしまって、日焼け止め~ファンデーションをやり直すのがベストです。



ポイントメイクをしているのであれば、全部落とすのは難しいです。化粧上手のツワモノがやっているテクは、目元を除いて全部落とし、日焼け止め~ファンデーション・チーク・リップをやり直すという方法があります。目元との境目はうまくつなげてください。



体は、壁(ファンデーション)を作れないので、とにかくマメに塗り直すことが必要です。



汗などで濡れていると、密着度が落ちるので、汗をよく拭きとってから塗りなおしてください。



アロマフレグランスUVは、汗・皮脂に強いのはもちろん、何度塗りなおしても気にならない軽い仕上がりが特長です。



ぜひ一度お試しください。



私が言うのもナニですが、どんなに一生懸命予防をしても、100%完全に防ぐことは、自然の偉大な力の前では不可能です。



被害を最小限にとどめ、受けてしまったダメージを、その日のうちにリセットするケアもきちんと行ないましょう。



サイクリング「前」と「後」のケアをセットで考えることが大切です。



>>>



皆さん、ぜひ参考にしていただき、かっこいいサイクルライフを送ってください!



 また、他に疑問点・お悩みなどありましたら、どしどしお寄せくださいね!!



2012.4.16

みなさん、お久しぶりのアップです!

桜の季節も終わり、ようやく春らしくなってきましたね!

今年の冬は寒かったですからね~~(><)。

春になった!とはいえ、肌寒い日もあったり、嵐も来たりして、最近の天気はどうも極端でイケません。

日射しがヌルいな~、といって油断してはいけません!

美容・健康の大敵、紫外線が、4月になると一気に強く多く降り注ぎます!
増してや肌は、今まで長袖に守られていたのでダメージを受けやすくなっています。

すぐにでも紫外線対策を始めてくださいね!

オススメはコチラ

%EF%BD%B1%EF%BE%9B%EF%BE%8FforLEGON.jpg

◆人気沸騰ベルガモットの薫り

◆効果が高いのに白くなりにくい

◆お肌にやさしいノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)

◆汗・皮脂に強いウォータープルーフ

◆重ねづけしても気にならない軽いつけ心地

ファンが急増中です!詳しくはショッピングページにて!

2011.5.28

最近は、男女問わず「夏になったら日焼け止め」が当たり前になってきましたが、意外と正しい知識を持っている人が少ないです。

ここでもう一度整理しておきましょう!

 

1)数値が高いものが効果が高い?

日焼け止めの効果を示す数値が「SPF」と「PA」です。SPFの最高値は50、PAの最高値は+++です。

カタログ上では数値が高い方が効果が高いのですが、使うのは人間、汗はかくわアブラは出るわ、ウエアやタオルで摩擦を受けるわ・・・色々な現象により、結局は取れてしまいます。

大切なのはマメに塗り直すこと!「高い数値を過信して、朝つけたらそれっきり」が一番無意味です!

 

2)たくさん塗った方が効果が高い?

気持ちはわかるんですが(笑)、かえって逆効果です。

つけ過ぎると後から出てくる汗やアブラとなじみやすくなってしまうので、取れやすくなってしまいます。1)でも言いましたが、どんないいものでも取れてしまっては元も子もありません。

適量を肌にしっかりなじませて使いましょう。後はマメに塗りなおして。

 

3)効果的な塗り方

手のひらにドカン!とたくさん取って、そこから延ばし広げようとすると、どうしてもムラになったり白くなったりヌルヌルしがちです。

少しずつていねいに塗っていきましょう!

 

4)注意点

細かいところはどうしても塗り忘れがちです。意識してつけるようにしましょう!

・目のキワ

・目頭のくぼみ

・耳、耳の裏側

・うなじ

・ウエア、アームカバー、グローブとのすき間

・指切りグローブの時は、指先

 

焼けちゃってから「あ~ぁ」ってなことにならないように注意しましょうね!

 

正しい使い方で、快適なサイクルライフを満喫しましょう!

2011.5.28

 みなさん、お元気ですか?

 全国各地が続々と梅雨入りの知らせ・・・。何でも例年に比べて2週間くらい早いとか(@@)

 サイクリストにとっては悩ましい時期ですねぇ。

 しかし、当然雨降りだろうと曇り空だろうと乗る時はあるわけで。。。

 

ここで重要ポイントがひとつ!!

曇りとか雨の日って、陽が射していないので、ついつい怠りがちになってしまうのが紫外線対策です!

実は紫外線は、太陽が出ていようが翳っていようが関係なく地表に届きます。曇の日も晴れの日に比べて60%くらいは届いています!

なので、お天気に関係なく外に出る時は日焼け止めをつけてください!

 

あともうひとつ。年間で紫外線の量が一番多いのは、晴れの日が多い夏場なんですが、強さは5~8月くらいはあまり変わりません。

ということは、年間で一番キケンなのは、紫外線が強いにもかかわらずついつい油断してしまう『梅雨の合間の晴れ』です!

 

時節柄どうしても「紫外線ネタ」が多くなりますが、今油断してしまうと、マジで5年後10年後泣きを見ます!

みなさん、ぜひ楽しく美しくカッコイイサイクルライフを満喫しましょう!

2011.5. 8

大変ご無沙汰してました!

 

年度末から年度アタマのあれこれ、さらに全国あちこちに飛んでたりして、ここ最近テンテコマイでした!

 

と言ってる間にゴールデンウイークも終わりです。皆さん、どんなGWをお過ごしになりましたか?

 

自転車にとってもベストシーズンに突入ですね!

 

 しかぁし!!ベストシーズンということは、同時に健康と美容にとっての最大の敵が!

その名もご存じ『紫外線』です。

 

紫外線は、GWあたりから一気に量が増えます。さらに、皮膚も長袖から半袖に変わり、 刺激に慣れていませんので、刺激に敏感です。

 

今の時期から紫外線対策は必至です!

 

油断してると5年後に必ず泣きを見ます!これは注意ではなくて警告です。

 

紫外線を防ぐ一番確実は方法は、衣服等で完全に遮断してしまうことです。しかし、そもそも顔は遮断するわけにもいかないし、気温も上がってくるので非現実的です。

 

そこで、日焼け止めの出番です!

 

日焼け止めは、「SPF」や「PA」の数値が効果の目安ですが、どんなに数値の高いものでも、汗や皮脂、摩擦などで取れてしまいます。また、数値の高いものは、皮膚に刺激があると言われています。

 

安全で確実な方法は、日焼け止めを『マメに塗り直す』ことに尽きます!

 

「朝塗ってそのまま」というのが、実は一番キケンなのです。

 

次回、日焼け止めの選び方や効果的な使い方をご紹介します!

必見ですよ!

1